「Onedrive for Business」をカスタマイズしてみる

12月13日(土) に東京で行われた「Japan SharePoint Group 勉強会 #17」の勉強会に参加して、LTに登壇させていただきました。
Japan SharePoint Group 勉強会 #17 [東京]

今回は、そこで発表したスライドの紹介と、+αの補足情報です。

「Onedrive for Business」をチョットだけカスタマイズしてみる from Kosuke Kuromiya

今回も、前回の投稿と同じく「OneDrive for Business の実体は ShrePoint Online のサイトコレクショ(配下のドキュメントライブラリ)」という観点から、OneDrive for Business を少しだけカスタマイズしみよう、という内容です。

ご紹介しているカスタマイズは大したものではなくて、「列の追加」(今回は「集計列」を追加)などの「ライブラリの設定」レベルで出来る範囲のことです。ただ、その程度のカスタマイズでも素のまま使うよりは使いやすくできると思います。
そして逆にそれ以上のカスタマイズ、たとえば SharePoint Designer を使ったカスタマイズなどは、最悪 OneDrive のページそのものを壊してしまう危険性もあるりますのでお勧めしません。(詳細はスライドに書いてありますが、あくまで自己責任の範囲でお願いします)
 

さて、スライドには無い +αの補足情報ですが、今回ご紹介した「列の追加」時の注意点です。列の追加方法には、2パターンあって、1つ目がリボンメニュー「ライブラリ」の「列の作成」をクリックする方法(上図)で、2つめが同じくリボンメニュー「ライブラリ」内の「ライブラリの設定」に入って「列の作成」にいく方法(下図)です。
2014-12-22_001724

2014-12-22_001712
単に列の追加という意味では上記2つの方法どちらでも同じなのですが、OneDrive for Business 特有の “「既定のビュー」の設定変更ができない(設定欄が無い)” という仕様(?)の関係で違いが出てきます。

結論からいうと、OneDrive for Business での列の追加は上記2つ目の方法=「ライブラリの設定」内の「列の作成」からすることをお勧めします。逆に、1つ目の方法=リボンメニュー内の「列の作成」からはしない方がよいと思われます。
理由は、リボンメニュー内の「列の作成」で開く列の作成画面には、通常の作成画面(上図)にはある、その列を「既定のビューに追加」するかを選択するチェックボックスが無く(下図)、強制的に 既定のビューに追加されてしまうのです。

2014-12-22_000900

2014-12-22_000914

これだけならば通常のドキュメントライブラリでも同じ動作なのですが、先に挙げたように OneDrive for Business では「既定のビューの設定変更=列の表示/非表示の選択 ができません。そのため、一度「既定のビュー」に追加されてしまった列を非表示にしたい場合、その列自体を削除するしか方法がないのです。つまり、作成した列にすでに値を入れた後になって「既定のビューからは非表示にしたい(別のビューだけで表示したい)」となっても、入力済みの値ごと列そのものを削除する(もしくは「既定のビューに表示させたまま諦めるか?)しかないのです。

値をしっかり入力した後になってこれに気付くと、かなり痛いと思いますので、 OneDrive for Business での列の追加は「ライブラリの設定」内の「列の作成」から行い、かつ 「既定のビューに追加」チェックをオフにして作成することをお勧めします。なので、必然的にカスタムで作った列は、同じくカスタムで作るビューでの使用(表示)することになりますが、その方が後々の変更がしやすいので良いと思います。

ただ、逆にいうとカスタムで追加する列を「既定のビュー」に表示させる方法は作成時に1つ目の方法か、「既定のビューに追加」チェックをオンにして作成するしかない(列の作成後に「既定のビュー」への追加はできない)ので、どうしても「既定のビュー」に表示させたい! という場合は、そちらの方法で行ってください。

技術ひろば.net 2014年10月 ~スピーカー経験を重ねたい人のセッション大会~ で登壇しました

10月25日(土)に東京(MS品川本社)で行われた「技術ひろば.net」の勉強会に登壇させていただきました。
(2回目の記事も登壇レポで恐縮です(汗) )

http://hiroba-tech.net/tabid/157/Default.aspx

今回の勉強会は特定の技術テーマなどは無く、
サブタイトルにも「スピーカー経験を重ねたい人のセッション大会」とあるように
「スピーカー経験が少ない人が集まって何か発表にチャレンジしてみよう」という主旨のものでした。

私自身、前回が初めてのプレゼンだったので、このような機会はまさに渡りに船ということで参加してきました。

※ 2014/11/17 追記
 当初、発表スライドを SlideShare にて公開しておりましたが
 諸般の事情により、公開を止むを得ず中止させていただきました。
また、発表した内容に関する本ブログ記事内の記述も一部修正いたしました。
大変申し訳ございません。

今回の勉強会では、個人のプレゼンが終わった後にプレゼンについての意見交換やフィードバック、さらにMVPの方による「プレゼン講座」もあって、プレゼン(というか勉強会活動)初心者にはとても得るものが多い勉強会でした!

プレゼンについて、個人的に良かった点としては下記2点でした。

  • タイムコントロールができた (前回の失敗を改善)
  • 「まずテーマを固める」、「冒頭に発表のゴールを明示する」 を意識して実践できた

一方、反省点としては下記2点が大きな課題だと感じました。

  • プレゼン資料の字が多い
  • 発表時にスライドを見てしまう(=聴衆に背を向けてしまう)

ちなみに、この勉強会の前々日から開催していた「Microsoft カンファレンス 2014」にも参加してきたので、
勉強漬けの刺激あふれる3日間でした(笑)。
ただ、その前からずっと忙しすぎてプレゼン内容や資料を詰める時間を取れずに当日に臨むことになってしまったのは大きな反省点です…。

さて…、さすがに次回からはもう少し内容のあるブログを書こうと思います(汗)

Japan SharePoint Group 勉強会@名古屋で登壇しました!

Microsoftの SharePoint や Ofiice365 の技術情報や運用ノウハウなどを発信するブログを始めてみることにしました。
あまり気張り過ぎずに、徒然なるままに?書いていきたいと思います。皆様どうぞよろしくお願いいたします。

さて、そんなブログの最初の投稿は、このブログを始めてみようと思い立つきっかけにもなった、「Japan SharePoint Group 勉強会@名古屋」での発表スライドの紹介です。
http://jpsps.com/event/20140920/

先月の9月20日(土)に、初の名古屋での開催があり、僭越ながら私も発表をさせていただきました。
タイトルは『SharePoint Online 「外部ユーザー」の利用と注意点』で、下のがその発表スライドです。

実は、勉強会のような場で発表をするのが全くの初めてだったので、個人的には色々と反省点が多くあったのですが、主催者や参会者の皆さまから嬉しいフィードバックをいただけたりして、「アウトプットすることの意義」を感じられた、とても良い機会となりました。(関係者の皆さま、ありがとうございました)

そんなわけで、自分が今までSharePointに5年近く携わってきて得てきた些細な情報ではありますすが発信することを続けていきたいなぁと思い、このブログ開設となったわけです。

というわけで、初回はこんな感じで…。次回からはもう少し内容のあるものを書きたいと思います(汗)。

今後ともよろしくお願いいたします。